電話に関する「資格」

近頃就活をしていると電話に関するものが増えたと感じます。電話交換などではなく、企業のお客様相談や諸手続きの相談にのったり、注文を聞いたり、苦情処理だったりといろいろです。

電話にも資格があるのか探していたら、「電話対応技能検定」がありました。別名もしもし検定と言われ、ユーザーに喜ばれるビジネス電話の対応を実現し電話対応のプロとし即戦力になる、企業内での指導者の育成を考えた検定制度です。

会社内で電話をかける、電話を受けるなどの電話対応やマナーは、企業内で働く者の最低限の事柄です。新入社員教育でも必ず講習があるもので、その際同時に言葉づかい、敬語の使い方なども習います。日本語の基本知識などを習う従来からのやり方に加え、ビジネスの場面や人により臨機応変に対応できるよう、コミュニケーション能力を現場で実践していけるよう教育をしています。

また「ビジネス電話検定」もありました。電話は企業にとって自社の印象をそのまま相手に伝える重要な鍵となっています。またビジネスの取引上の手段でもあり、「迅速さ」「正確さ」「簡潔さ」「丁寧さ」が必要です。この検定はビジネス電話の対応に必要なスキルの能力をみる検定試験として使われています。

これにも等級があります。知識B級はビジネス電話検定についての基本的な知識を持ち理解し簡単な作業ができるかどうかの技能を確認することにあります。また知識A級はビジネス電話での知識や技能を使って求められる仕事ができるかどうかを確認するものです。

ビジネス電話に対応できる能力は、どこの企業にいっても喜ばれ重宝される存在となります。電話の対応がきちんとできている女性というのは、とても印象がよいものです。
しかしそれには日本語の使い方やマナーは必須で、言葉は日頃から使い慣れていないと実際には使えないものです。日頃からの訓練も必要となります。

一度自分の電話対応能力を試す意味でも資格検定に挑戦してみることをおすすめします。