綺麗な人

医歯薬コースに通う学生は頭脳明晰な美男美女が多いと言う話を聞いた事がある。頭も良い上容姿も申し分ないなんて神様は不平等だと嘆くのは、冴えない文化系のひがみかもしれない。
ところが確かに医歯薬の中でも、特に歯医者に勤めている女性衛生士や助手さん達は驚く程スリムで美人で垢抜けている。歯科医にあるあの美人法則は一体何なのだろう。ここは美容院かエステなのかと一瞬錯覚する程だ。お世話してくれる女性が優しくて若くて美人でいる事に越した事はない。特に、男性にとっては喜ばしい事である。子供は、失礼ながら年配の方には怖がる子が多い様なのでなるべく若い方に対応して貰った方が良いのだろう。ある40代の保育士の女性の話だが、子供が怖がるからと言って顔にボトックス注射を打っていると言う人までいた。子供達はおばあさんを怖がると言うのだ。なるべく若く見せられる様に一生懸命配慮しているのだと言う。その話を聞いた時それはとても大変驚いたが、それは確かに納得が行く事で、自分もシワだらけのおじさんの顔を見ては号泣していた幼い頃を思い出す。
容姿が良くなければ、望む職業に就く事が出来ないと言う現実は全くないとは言い切れない。しかし、容姿が優れていなくても、内側から漂う清潔感や佇まいの方がよっぽど大事だと思うのだ。街を歩いていても、目を引くのは確かに清潔感のある女性だ。
こうして考えると女子力どうこうしようとしている女性は、まずは美容院やエステに通うよりもそういったお姉さんたちの清潔感を見習った方が良いのではないだろうか。