セラピストに関する資格について

ドッグセラピーやカラーテラピーなど、セラピーと名のつくものは誰もが一度耳にしたことがあるのではないかと思います。
セラピーとは治療や治癒術のことを言い、日本ではいろんな道具などを利用した物理療法(フィジカルセラピー)やカウンセリングなど、物を使わない方法で相手の心を癒したり治療していく心理療法(サイコセラピー)のことを指すことが多いです。
日本で学べる、または行われているセラピーを紹介していきます。

■体にアプローチするセラピー
・ボディトリートメントやボディワーク
・肌に働きかけるトリートメント・・・エサレンマッサージ、タラソセラピー、クレイセラピー、リンパドレナージュ、経絡トリートメント、フーレセラピーなど。
・衣類を着たまま行うボディワーク・・・整体、ロルフィングなど。
・ストレッチ、自動運動などのボディワーク・・・タイマッサージ、ヨーガ、気功法など。
・頭や顔のトリートメント・・・ヘッドマッサージ、フェイシャルトリートメント、メイクセラピーなど。
・足のトリートメント・・・リフレクソロジーなど。
・五感に働きかけるワーク・・・森林セラピーなど。

■心に働きかけるセラピー
カウンセリング、カラーセラピー、アートセラピー、インナーチャイルド、箱庭療法、瞑想法、音楽療法など。

■魂に働きかけるセラピー
ストーンセラピー、フラワーエッセンスセラピー、ホメオパシー、エンジェルセラピーなど。

最近では、趣味や自分磨きなどの目的でこのようなセラピーの資格を取得したり勉強したりする女性も多いようです。
各種療法でいろんな認定資格などがあり、その資格を取得することで仕事もステップアップしていきます。
人の心や体を癒す仕事がしたい人はどういった種類のセラピストになりたいのかを考えてから資格をとる勉強をしてみましょう。